17/18ページ

17/18ページ
  • 2019.04.10

空き家対策に「シルバー」活用

空き家問題対策の一環として藤沢市では、シルバー人材センターが代理管理する制度を4月1日から運用する。今月22日には同団体を運営する(公財)藤沢市まちづくり協会と協定を結んだ。  適切に管理されていない […]

電車モチーフのデザインがかわいい 東急線・渋谷駅と横浜駅にAIを搭載した自動清掃ロボットを導入

東急ファシリティサービスは2019年3月26日、AI(人工知能)を搭載した自動清掃ロボット「EG-3RX」「Neo by AVIDBOTS」の導入を発表しました。2019年3月26日から、東急線・東京 […]

【ビルメン業界】日本人はなぜ「レッドオーシャン」で戦うのか

日本経済新聞さんに以下のような記事が出ていまして、ワタクシも正直ぶっ飛んだわけです。「まだ、わからんのか……いくら俺たちの税金を無駄に使いまわせば気が済むのか、君たちは……」というわけです。 金曜日の […]

本格導入に向けて3体の清掃ロボットの実証実験が3ヶ月間実施、ダイワロイヤルホテル「Royal Hotel 那須」にて

大和リゾートが運営するダイワロイヤルホテル「Royal Hotel 那須」は、ホテル清掃作業スタッフの作業負担の軽減と人材不足を補う作業効率化の一環として、清掃ロボットの実証実験を3月21日から6月2 […]

今そこにある危機、空き家レスキュー「マンション再生関連」は株価も緊急発進へ

―深刻視されるマンションの空き家問題、これを商機と捉える銘柄群をクローズアップ―  マンションの空き家問題が深刻化している。日本では1970年代からマンションの供給が増加し、今後は耐用年数といわれる築 […]

【生産性】業務中の自己裁量の大きさが生産性向上に繋がる!働き方改革の新たなアプローチは『働き方の自己裁量の最大化』

株式会社イトーキ(本社:東京都中央区 社長:平井嘉朗)は、ワーカーの自己裁量を最大化し、ワーカー自らが働き方を自律的にデザインしていく、「自由(FREE)」をテーマにした自社の新しい働き方戦略『XOR […]

【ビルメンテナンス】スーツに見える作業着、農家やマンション管理人にも広がった理由

ユニークな発想とちょっとした工夫で新商品やサービスを開発し、成功している中堅中小のイノベーター企業を追う本連載。今回は、スーツのように見える作業着で注目されるオアシスライフスタイルグループ 今日は、少 […]

【ビルメンテナンス】 竹中工務店とメルセデス・ベンツ日本 建築の未来具現化 デジタル技術駆使した体験施設をオープン

竹中工務店は13日、ダイムラー社の子会社メルセデス・ベンツ日本(MBJ)と共同で、東京都港区にAI(人工知能)など最先端技術を採用した体験施設「EQ House」をオープンする。ダイムラー社が2016 […]

【空き家管理】売れないマンションが持つ共用部分「9つのNG」

「負動産」という言葉をご存じでしょうか。 「負」は負債の負。売りたいのに売れず、現金化できずに負債となった不動産のことです。マンションの場合、負動産は売れないだけではなく、持ち続けているかぎり管理費、 […]

【空き家管理】マンション、所有者不明等の物件が1割超に…修繕も解体もできない事例増加が現実味

マンションでも所有者不明物件が増加  所有者がわからない土地が全国で増え、社会問題化しているが、分譲マンションでもこうした物件が増えつつある。土地と同様、相続未登記や相続放棄が増えていることによる。国 […]

「ロボット」×「ビル管理」。省人化の実現へ

「ロボットとの共存」というテーマは、これまで数々の映画や漫画の世界で描かれてきた一種の夢物語だ。しかし、IT技術の革新が進む昨今、その夢物語も最早現実のものとなりつつある。人口減少、少子高齢化、働き手 […]

【ロボット】生産性4倍──KDDIが「4Gドローン」を商用化 監視・土木・農業向けに6月提供

KDDIが4G LTEに対応した「スマートドローン」をついに商用化しました。「広域監視」「鉄塔点検」「風力点検」「測量解析」「精密農業」の5分野に特化したソリューションとして6月より順次提供予定。20 […]

【空き家】人が住んでいなくてもかかるお金・・空き家とコストの関係

数年前から空き家問題の報道が目につくようになりました。その中でも、いわゆる「実家の空き家」は、賃貸など他の空き家と比較しても増加率が高く深刻な問題になっています。 実家を相続したが住む人がいない、別の […]

【ビル管理】センサー付きハイテクトイレ、健康管理や疾病予測の道開く可能性

トイレはおそらく、プライバシーを守る最後のとりでだ。だがもうすぐ、あなたの動きのすべてを追跡することのできるハイテクトイレが誕生してしまうかもしれない。 これはいいですね。検便しますもんね。排せつ物の […]

【ビル管理】身軽さに磨き 米MITのロボ「チーター」

米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発を進める四足歩行ロボット「チーター」に、重さ9キロのミニが登場した。バク宙もこなすなど身軽さに磨き。 また、見た目恐いの出てきました。前も工場内を警備する犬型 […]

【ビル管理】三菱地所 ロボット事業責任者が教える、サービスロボット活用の極意 :ビルメンコンシェルジュ

大手町・丸の内・有楽町エリアを歴史と未来が共存する地域として再構築を進めている三菱地所が、サービスロボットへの取り組みを加速させている。同社はさまざまな人や企業が集い交流する街を「オープンイノベーショ […]

【ビルメンテナンス】三菱地所が高層ビルで窓拭きロボットアームの実証実験 超高層ビルに多関節アームの「多目的壁面作業ロボット」 :ビルメンコンシェルジュ

三菱地所は、ビルメンテナンスや清掃分野の人手不足や高齢化に対応するため、ロボットによる自動化をさらに推進する。2019年2月28日~3月15日の16日間、新丸の内ビルディングにおいて日本ビソーと共同で […]

不動産テックのコンパス(Compass)、ソフトバンクが44億ドル出資する理由 生産性向上 :ビルメンコンシェルジュ

不動産物件の売買は取引額が大きく、手続きが煩雑な上、長い間属人的なプロセスに依存してきた。しかし、ニューヨーク発のベンチャー企業「Compass(以下、コンパス)」はこの分野に「創造的破壊」を起こそう […]

1 17 18