【マンション管理】マンションの修繕積立金に群がる「悪質コンサル」の巧妙手口

マンションの劣化を防ぐため、10~12年ごとに行うことが多い大規模修繕工事。その施工費用は住民が毎月コツコツと蓄えている「修繕積立金」から支払われ、各種統計データによれば、1戸あたり80万~100万円、タワーマンションともなると170万~200万円(500戸のタワマンなら全体で8億5000万円~10億円)もの工事費がかかる。

もちろん、築年数や建物の状態によっても金額は上下するが、莫大な「現金」が動く修繕工事費を狙って、水面下で談合まがいの業者間癒着やバックマージンのやり取りなど、数々の不正が横行している。

私は、業界の人間なので、こういうことが現にあることは知っています。なので、自分がマンションに住んでいて修繕をするときには必ずチェックしたいと思いますね。何も予備知識がない方々がほとんどだと思います。管理会社のいいなりではないでしょうか。 大きなお金が動くところにはこのようなことはたくさん行われていると考えたほうがいいです。嫌になりますよ。程度の大小があるだけです・・・・。

https://news.livedoor.com/article/detail/17233272/?fbclid=IwAR3ki4oltlQNRS9Rw-iK9WRqQhQTzhvzm450nBiH3Krk3v4YPyCNY5-RcqY

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事