【ビルメンテナンス】ヒトを追従して自動運転する清掃車…三菱ふそう eキャンター センサーコレクト

三菱ふそうバス・トラックは、30日に同社川崎工場内で2台のコンセプトトラックを発表した。その1台が『eCanter SensorCollect』(eキャンター・センサーコレクト)という、見た目は国内でよく見る塵芥車(清掃車)だ。

このトラックは、フル電動のEVトラック「eキャンター」に塵芥車の架装を施したものだが、さらに同社やダイムラーグループのセンサー技術を盛り込んだ次世代トラックだ。まず車両の四隅にはベロダインのLiDARが装着される。超音波センサーは車両周囲に16か所。上部には準天頂衛星対応GNSS(QZSS)のアンテナが2基。さらに、4G/Wi-Fiのアンテナが2本立っている。

この電動トラックはなにができるのかというと、オペレータ(ドライバー)を認識し、無人でオペレータを追従してくれる。もちろん、周辺の障害物や歩行者などを検知し、安全に無人自動運転を行う。追従速度は5km/hが上限だという。オペレータの動きは360度認識しているので、後ろに回り込んだり、路地を曲がったりしても可能な限り追従を続ける。

【参考サイト】ヒトを追従して自動運転する清掃車…三菱ふそう eキャンター センサーコレクト

なるほどねーで、自動運転車のこういった使い道もあるわけですね。
自動運転時は時速5キロまでしかでなくて、ゴミを回収している人に追随してついてきてくれる。細かく止まって、回収して、また止まって、と誰か運転していなければいけなかったのが、みんなで回収できて効率上がります。
車両の全方位にセンサーがついていて、追随する人を認識しているそうです。
廃棄物回収も人手の集まりにくい業界なので、こういうのが普及していけば助かりますね。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事