【ビル管理】密を防ぐ、予約できるトイレの実証実験開始 横浜「相鉄ジョイナス」

7月29日、横浜駅西口の商業施設「相鉄ジョイナス」で予約制トイレ「QREA」(クリア)の実証実験を行うと相鉄グループの相鉄ビルマネジメントが発表した。実験機関は、7月30日〜8月30日までの1ヶ月間。LINEの公式アカウントのチャットBot「QREA Bot」を通じ、スマートフォンから施設内のトイレを予約できる。使用後の利用者にアンケートを依頼し、利点と課題を尋ね、実用化に反映させる。

「QREA Bot」にトイレの予約希望を伝えると現在の使用状況を表示し、空いていればその場で予約できる。また、トイレまでのアクセスや周辺の写真なども表示される。
 予約が完了すると個室はリモートで鍵がかけられされ、予約者以外は使用できない。予約者はQREA Botが表示したボタンを押して鍵を開ける仕組み。予約時間から、10分経過すると自動キャンセルされる。キャンセルすると、鍵は自動で解除される。

【参考サイト】密を防ぐ、予約できるトイレの実証実験開始 横浜「相鉄ジョイナス」

うーん、ここまで効率性を求めたくなる時代なんでしょうか。
トイレを使用するために、まず予約をするそうです。確かに大なんかは全部埋まっていて待たされるなんてことはなくなりそうですが・・・・。 そのためにLINEのチャットBotを使って予約してからって、その時間がもったいない?? ってならないのかな?
こういうのが普及していく時代なんでしょうか。なんとなくまだイメージしづらいです。 トイレの予約。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG