『ビルメン業界』【参考】 ビルメン業者の収益改善、生産性アップのためのアイディア

『ビルメン業界』【参考】 ビルメン業者の収益改善、生産性アップのためのアイディア

 収益改善のもっとも直接的な方法は、「ムダをなくし、ムダを生まない」ことです。
ムダを減らせば、減らした部分がそのまま収益になります。 これを実現するためのスマートな改善策が「見える化」、
「定量化」です。

 このことはかなり知られているところですが、うまくいかない事例の多くに、「見える化」、「定量化」それ自体が
目的となってしまい、なかなか収益改善に結び付かない、結果が出ないから継続するモチベーションが湧かないと
いう状況がありました。

 ここでは、「見える化」「定量化」を使って、組織の「風土・体質」を変化させ、収益アップという具体的な“結果”を出す
までの道筋のさわりをお伝えします。

 組織の「風土・体質」を変えることは難しいように思えますが、やってみれば単純で簡単なことです。何度も経験して
いるので敢えて簡単そうに述べてみます。 つまりは、経営者、管理層がかわることです (決して、従業員が変わる
こと、変えることではありません)。 現状をよしとしないことです。問題点、課題に気づき、次へ進む目標(思い付き、
思い込みによるものではない)を立てられることです。  その気になれば、今日からでもできます。

1.そもそも「収益改善」とは何なのか?

 収益改善とは、「売上を伸ばしコストを下げる」ことです。
つまり、入ってくるお金を増やし、出ていくお金を減らすことです。 そして収益改善には、大きく次の5つの手段しか
あいません。

 ① 今ある製品・サービスの売上を伸ばす
 ② 売れる製品・サービスをつくって売る
 ③ 原価のムダをなくす
 ④ 販売費のムダをなくす
 ⑤ 一般管理費のムダをなくす

 上の5つのうち、①②は売上アップの方法で、③④⑤は経費(コスト)を減らす方法です。
 ところが
ところが、このうち①②の「売上アップ」策は、どうしてもそのときどきの状況に左右されがちです。 売上アップの努力は
もちろん大切ですが、「お客様」、「社会状況」という外的な要因が大きいので、どうしてもムラが出やすくなります。

 そこで同時に考えたいのが、③④⑤の「経費(コスト)の削減」です。 コストの問題は、多くの場合、会社の内部で
努力が可能です。

 コストを下げるということは、業務を効率化するということです。 売上のように華々しい印象がないためか、なんとなく
“小手先感”があるせいか、つい後回しにされがちではありますが、ムダ遣いしている、人、モノ、金といった経営資源を、
もっと有効に使うことで、結果的に①②の売上を伸ばすことにもつなげられます。

『参考』ビルメンコンシェルジュ

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

コラムカテゴリの最新記事