【警備のDX】施設向けAI警備システム「アジラ」

施設警備のAIシステムです。監視カメラ1台あたり月5,000円だそうです。サブスク利用ですね。

不信な行動とかもAIが学習してアラートを出してくれるみたいで、カメラを設置しておいて、事務所内で警備員は待機してチェックしていればいいとなれば、効率はいいです。

現場に行かなくてもまずはマイクとかで確認したり、警告出せる。必要なときだけ急行すればいい。

設備とAIの親和性はとても高いと思っていましたが、同じくらい警備業においてもAIというのは親和性高いと感じてきています。

何気にたくさん出ていますが、清掃業においての親和性がまだイマイチかなーと、最近思ったり。

それだけ清掃ってホントは奥深いものなんでしょう。一番コスト安く見積もられがちですが(苦笑)。

私も警備業界かじっているんでわかりますが、ホントとくに施設警備においてはAIと親和性高いはず。利用している施設は積極的に研究チェックしていくべきでしょう。必ずコストダウンできそう。

【参考サイト】防犯カメラシステム×アジラで、 施設内セキュリティDXで警備品質向上

人目につかない場所で人が倒れたり、夜間における施設の器物破損、敷地内での暴力沙汰など、このような事件事故はいつ発生するかわかりません。警備員が施設内を常に見張るにも限界があり、見つけた時には手遅れだった、といった事案は少なくありません。

アジラの導入で、防犯カメラの映像を使った24時間フル稼働でセキュリティ強化を実現します。人の代わりに防犯カメラが施設を常時監視、何か異常が発生した場合に通知し警備員の即時対応を促します。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG