【ビルメンポスト】ビルメン業者の収益改善への効率化の決め手は「見える化・定量化」

ビルメン業者の収益改善への効率化の決め手は「見える化・定量化」

もちろん、仕事に関わることは、クレームのように定量化しやすいものばかりではありません。整理整頓のレベル、力量、危険度、進捗度、リスク、頑張っている、頑張っていない・・・・。こういったことは、パッと見ただけでその大小を推し量るのが難しいものです。しかし、こういう見えにくいことをきちんと見える化することが、会社の「風土・体質」を変えていくうえで、重要なポイントとなります。

整理整頓の場合そのレベルを定量化することで、きちんとやっている現場、そうでない現場が明確に

たとえば整理整頓なら、そのレベルを定量化することで、きちんとやっている現場、そうでない現場が明確になります。やれば必ずできることを放置しているわけですから、その差は管理者やリーダーといわれる人のやる気の差を示しているわけです。
責任の所在が明らかになるので、頑張っている人を、適切に評価することができるようになります。

[参考サイト]ビルメンコンシェルジュの記事を抜粋して紹介しています。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

コラムカテゴリの最新記事