空き家対策に「シルバー」活用

空き家対策に「シルバー」活用

空き家問題対策の一環として藤沢市では、シルバー人材センターが代理管理する制度を4月1日から運用する。今月22日には同団体を運営する(公財)藤沢市まちづくり協会と協定を結んだ。

 適切に管理されていない空き家は、庭木が隣地に侵食するといった近隣トラブルや犯罪の温床、倒壊の危険など、地域の生活環境に悪影響を及ぼすとして全国的に社会問題化。2013年の国の推計によると藤沢市内19万8200戸の内、2万2890戸が空き家で、その内、問題のある空き家が4910戸あるとされている。

 市では、その後も高齢化や転居などで空き家は増加傾向にあるとし、人口規模の大きい団塊の世代が平均寿命に達する10年、15年先にはより問題が深刻化すると想定。対策を急いでいる。

シルバー人材センターの会員が持ち主の依頼を受けて見回りや、必要に応じて管理するという仕組み。公益団体のため料金が安く、持ち主の負担が軽いため、管理放棄の防止につながるということ。一般はこのパターンが一番利用されそうに思う。お金かけてもっと手を入れてほしいオーナーは民間のサービスを利用ということで。シルバー会員さんの地域貢献ということでも生きがいに繋がります。

https://www.townnews.co.jp/0601/2019/03/29/475709.html?fbclid=IwAR2JaA1VbId8OlqyJtugEeOQlJ58_6RQkiaUXIA0xE_nL3aCW38U6fITnHY

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事