【ビル管理でもお世話になるシルバー人材センターのルール】知っているようでしらなかった⁈シルバー人材センターの仕組み

ビル管理のお仕事にも従事されることの多い、またビル管理業者でも頼ることのあるシルバー人材センターさんですが、知っているようで、意外とそのルールを知らない人多いんじゃないでしょうか。

ワタクシも恥ずかしながらこんなルール知りませんでした。

意外なルールが入会するのに会費がいるということ!

年間600~3000円程度だそうで安いと思いますが、つまり仕事を探されるシルバーさんにもきちんと働く意識を求めているわけですね。登録だけしておこーではダメだよということでしょう。

月10日または週20時間未満というルールは知っていましたが、これは高齢者が現役世代ができる仕事を過度に奪ってしまわないためのルール。さすがにこれはだいたい知られていますよね。

全国平均で換算すると、月8~10日就業すると3~5万円の収入が得られるみたいです。年金だけでは不安だとか、生活に困っているわけではないけれど、もう少し体動かしていたいという高齢者の方々の受け皿としてやはりいい制度だと思います。

ビルメン業界にしろ、ビルオーナーさんにしろ、もう少し活用の余地があるように思うんですけれどね。

【参考サイト】シルバー人材センターで仕事をした場合、月にいくら稼げる? 年収は?

定年後は年金だけで生活していくのが苦しい、生活に余裕を持たせたいなど、老後資金に関する悩みはつきないものです。ただ働きたい気持ちはあっても、通常の仕事探しでは年齢を理由に断られてしまうかもしれません。効率良く仕事を見つけるには、シルバー人材センターを利用するというのも一つの方法です。

この記事ではシルバー人材センターの仕組みや月収、年収について解説していきます。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG