【ビルメン衛生管理】非接触で建物内を移動できるタッチレスシステム

コロナ禍において、非接触、タッチレスというのもいつの間にかトレンドワードになりました。

人が触ったものにできることなら触りたくない。

世知辛いとも感じますが仕方ありませんね。もう他人はばい菌扱いです。

そんな中で、建物内を何も触らず目的地まで行けてしまうシステムが開発されてきています。

まだスマホを取り出してかざしたり、タブレットをのぞき込んだりと認証に動作が必要ですが、いずれバッグにしまい込んであるスマホがセンサーに自動で接続されて勝手に扉が開いたり、照明が付いたり、誰もいない部屋ならこれから入室する対象者のいちばん気持ちいいいと感じる温度をAIが記憶していて空調をコントロールしてくれたりとかが、タッチレスで行ってくれるでしょう。

さらに、エレベーターの遠隔監視回線を活用して建物の受水槽やポンプ、受変電設備、空調機器、防災設備などのビル設備を一元的に常時監視することができる「設備まるごと監視サービス」を導入することにより、ビル設備の管理体制を強化し、利用者の安全・安心・快適を24時間365日守り続けてくれるAIソリューションがいよいよ目の前に。

こんなインテリジェンスビルをこれからのビルメンはどうやって管理していくのか! 想像膨らませて準備していきたいものです。

【参考サイト】日立の感染症リスク軽減ソリューションをレオン都市開発の新築マンション「レオンコンフォート難波クレア」に導入

株式会社日立ビルシステムは、このたび、株式会社日立製作所とともに、株式会社レオン都市開発が大阪府大阪市浪速区で開発を進めている新築マンション「レオンコンフォート難波クレア」に、日立ビルシステムの最新の感染症リスク軽減ソリューションを導入します。具体的には、マンションのエントランスにタブレット型顔認証システムを導入するとともに、利用者個人のスマートフォンでエレベーターの呼び出しと行先階登録が行えるLINE連携タッチレスエレベーター呼びサービス「エレトモ」を採用することで、マンション内のタッチレスでの移動を実現します。

新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、社会のあり方や人々の生活様式が変容し、新常態(ニューノーマル)を見据えた社会課題が生まれています。ビル分野においても、エレベーターなどの共用設備に手を触れない形での移動や、ソーシャル・ディスタンシング、ビル管理業務の働き方改革といった新たな対応が求められています。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG