【マンション管理】マンション管理費の妥当な基準とは? 管理費の目安。

マンション管理業務の詳細とその費用の妥当性について、住人、選ばれる管理組合の理事の誰も分からないということがほとんどではないでしょうか。

管理組合は集金だけして、管理業務はデベロッパーの子会社もしくは関連会社に丸投げしているのが実態のはずです。

つまりよくわからない。

管理費に「相場」というものはあるようで存在しません。

それには、マンションが昔の団地のように画一的なものではなく、各デベロッパーが競争を繰り広げる中で、建物の規模から構造・設備やサービスまで千差万別となったという背景があります。

つまり、管理費が適正かどうかを見るためには、管理費の内訳をチェックしてそれぞれの項目が適正価格かどうか判断しなければなりません。

こちらのサイトは結構詳しく、また最近のタワマンの管理費事情についても書いてくれています。

それぞれの戸数においての管理費の目安についてもケースバイケースで載せてくれて参考になります。

ぜひチェックしてみてください。

【参考サイト】マンションの管理費は妥当な金額なのか?「割安物件」を見分ける「基準」

管理費・修繕積立金は共用施設が充実したファミリータイプのマンションだと月額3万~5万円ほどかかるケースが多く、決して無視できる金額ではありませんし、それに加えて、火災保険料や固定資産税・専有部分の修繕費も考慮しなければいけません。

特にポイントとなるのは、修繕積立金の将来的な値上げについて事前に把握しておくことです。

修繕積立金の値上がりが行われる数ヶ月前に管理組合から通知が来て、初めて知り慌てる方が多く見受けられます。最悪な場合では、購入当初の5倍にまで値上がりした修繕積立金の支払いができず、物件を手放す人もいます

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG