【ビルメンテナンス】こうなってたんだ!?学べる体験ビルでマンションの「終活問題」を考える建物健康診断ツアー【東急コミュニティーNOTIA】

【ビルメンテナンス】こうなってたんだ!?学べる体験ビルでマンションの「終活問題」を考える建物健康診断ツアー【東急コミュニティーNOTIA】

老朽化するマンションの「終活問題」
医学の発展により、我々は人生80年時代から100年時代を迎えようとしている。

そんな中、建物の寿命は一体何年が適正なのだろうか!?

2019年5月30日。NHK「クローズアップ現代」が〝都会のマンションに異変〟と題し、マンションの老朽化問題をテーマに取り上げた。いわばマンションの終活問題である。

日本国内ではマンションの平均耐用年数は30年から40年と言われているが、国土交通省によると、2017年末時点で築40年超の老朽化マンションは全国に約73万戸。2027年には184.9万戸になる見込みと示唆。

東急コミュニティーさんが中目黒に建物の点検、診断、工事を担う技術員を育成する研修施設の運営を開始したそうです。将来的には一般にも開放予定だそうで、行ってみたいです。いろいろ設備をスケルトンにしたりしてあり、普段見ることのできない内部の様子も見れるそうでおもしろいです。
日本の住宅の耐久年数が30年なのに対し、イギリスでは140年、アメリカは100年、ドイツは80年と言われているわけで、色々要因はあるはずだが、建物の寿命を欧米並みに延ばすにはどうしたいいのか。空き家問題ともからめて真剣に考えるときでは。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5516058?fbclid=IwAR0_2C35v2jYdkgPQCQKRRKKQFAytEdpOYoj5PbKOj_ZvMRNppnO4qW_Q_4

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事