【マンション管理】「マンション管理適正評価制度」のランク付け詳細

2022年4月のスタートが予定されている「マンション管理適正評価制度のランク付け」において、何がなんでもS評価が欲しい。
そんな要望を持たれている意識のかなり高いマンション管理組合さんの話を聞くことも最近多くなってきました。
果たしてどのように実際運用されていくのか?まだなんとも具体的にわかりませんが、ランク付けがあるものならとにかく最高評価をとっておきたい。
マンション資産価値になんらかの影響が今後出てくるかも。
など運用前からいろいろ思惑が出てきているようですね。
こちらの紹介記事では、点数配点など現時点でわかっている評価項目も詳しく紹介してくれています。当然に築浅マンションの方が基礎データにおいて高い評価出ているようですが、どうやら築40年超のマンションでもSランク候補になっている物件があるようです。
まだ1年あります。今から備えておくだけで十分に先行できると思います。ぜひチェックしてみてください。

【参考サイト】築40年以上にもSランクが?マンション管理適正評価制度の仮評価とは

先日掲載の「結局Sなの?Aなの? 2種類もできる『マンション評価制度』の大混乱」で、2022年4月のスタートが予定されている2つの集合住宅評価制度を取り上げた、マンション管理士の廣田信子さん。今回廣田さんは自身の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』で、そのうちの1つ、「マンション管理適正評価制度のランク付け」について詳しく紹介・解説しています。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG