【マンション管理】老朽化マンションを長寿命化 100年マンション :「リファイニング建築」

老朽化マンションの再生に新しい提案です。
すでに130件もの事例もあるそうで、既存躯体の約80%を再利用しながら、建て替えの60~70%のコストで、大胆な意匠の転換や用途変更、設備一新を行え、長寿命化を図る新たなマンション再生手法だそうです。
「リファイニング建築」とは、
1. 内外観ともに新築と同等以上の仕上がり
2. 新築の60~70%の予算
3. 用途変更が可能
4. 耐震補強により、現行法規および耐震改修促進法に適合する
5. 廃材をほとんど出さず、環境にやさしい
以上の特徴があるそうです。
建替えに比べ、廃棄物を6割減、二酸化炭素を8割減にできるといいますから、脱炭素時代に合致しています。
認定制度もできるそうで、リファイニング建築に対する信頼性が高まり、市場での評価も新築と同等になっていくのでは…とこれからの普及が期待されますね。これからもビルメンポストで情報追っかけていきます。

【参考サイト】リフォームでもリノベーションでも無い「リファイニング建築」とは何か?

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG