【空き家処分のすべて】空き家の売却の方法

空き家管理において、どうにも必要のない家であれば、早めに売却してしまうのが一番良いということは、ほとんどの人がわかっていることですが、不動産はどうしても思い入れがこもるので一筋縄ではいかないことがままあるわけです。

相続人の想い入れも含めて、正直空き家は処分するのがいいのか、維持できる間は維持し続けるのが良いのか? それはそれぞれの事情で答えはまったく別にもなるでしょうし、相続人の懐事情にもよりますが、維持管理費が大したことないのであれば持ち続けることも今後の社会情勢によっては損するのか?得するのかもはっきり白黒つけれる人はいないのでしょう。

想い入れもなく、維持管理コストも払うことは嫌だということであれば、一般的には早々に処分した方がよくて、そのための処分方法について、詳しいサイト見つけました。

LIFULL HOME’Sさんのサイトなので詳しくて当たり前と言えば当たり前なんですが。

・空き家を売却する方法には「更地化」「建物つき」「不動産買取」の3つの選択肢がある。

・売却を先送りにしているとさまざまなデメリットが生じるので、なるべく早く取扱いを決断しよう。

・売却を進める際には、必要なコストを踏まえて計画を立てることが大切。

・複数の仲介会社に査定依頼を行い、案件にピッタリ合う依頼先を見つけるのがコツ。

ということについて、詳しくまとめてあります。

対象になる人はぜひチェックしてみてください。

【参考サイト】空き家の売却はどうするの? 家を売る方法、費用、注意点を解説

親からの相続などで、使う予定のない空き家を取得したときには、そのまま放置をせず、できるだけ早く見通しを立てることが大切です。

不動産は所有しているだけで税金や管理の手間がかかってしまうため、活用予定がなければ売却を検討するのもひとつの選択肢といえます。

今回は空き家を売却する方法や費用、注意しておくべきポイントについて見ていきましょう。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG