ビルメンでも取り組みやすい実践SDGs 『みらい2030』SDGsリース

もちろんビルメンにも使えるSDGsの取り組み。
流行りのSDGsやりたい企業にとって、もっとも手っ取り早いわけで、だからこそ普及しやすいサービスです。
ダイキンさんと三井住友ファイナンス&リースさんの提供してくれる低温暖化冷媒R32の空調サービスを利用すると、その代金の一部が、知床の森の復元や世界自然遺産の価値を守ろうという公益財団法人知床財団さんに寄付されます。
要はこちらのサービスを利用すれば、間接的にSDGsに取り組んでいますってことになりまして、ある意味もっともお手軽なわけです。いいんじゃないでしょうか。
実際、なにやっていいのかわからないなーとか、自前でかっこいいことできないかなーとか、思案に時間浪費しているぐらいなら、さっさと利用できるサービス利用して貢献していくべきじゃないでしょうか。
自前でなくても、今あるサービスを積極的に活用して、取り組んでいくことも立派な実践SDGsだと思います。

【参考サイト】低温暖化冷媒R32を用いた空調機の販売における SDGsリース『みらい2030™』の取り扱い開始について

三井住友ファイナンス&リース株式会社とダイキン工業株式会社は、SMFLが2019年12月から取り扱いを開始したSDGsリース『みらい2030™』(寄付型)(以下「SDGsリース」)において、ダイキン工業が販売する低温暖化冷媒R32を用いた空調機(以下「R32空調機」)を2021年1月より新たにSDGsリースの対象に加えることになりました。

SDGsリースは、SMFLがリース料等の一部をSDGs達成に資する公益財団法人等に寄付することで、ユーザーがリースを通じてSDGs達成に貢献できるリース取引です。SMFLとダイキン工業は、今回の取り組みにより地球温暖化に与える影響が従来の約3分の1で、エネルギー消費効率に優れている低温暖化冷媒R32の普及を促進していきます。国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)においてエネルギー問題や気候変動の対応が求められる中、R32空調機の普及に努めることで一層の環境負荷の低減を推進します。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

コラムカテゴリの最新記事