【ビル管理】NECネッツエスアイ・GMOクラウド他5社、ビル統合管理システム「DBM」を用いた スマートビルディング実証実験を開始

人手による作業に頼り、莫大なコストがかかるビルの運営や保全・運用管理などのビルメンテナンスの国内市場規模は、約3兆9,952億円といわれており、人材不足や競争激化などの深刻な課題にも直面している。このような状況のなか、人件費率57.7%の「労働集約型」の低効率な業態でもあり、ビルメンテナンスは最もICT化の遅れている分野の一つといわれている。

スマートビルディング・ワーキンググループ(以下、スマートビルディングWG)では、業務の効率化と物件の価値向上を同時に実現できる「日本版スマートビルディング・アプリケーション・プラットフォーム」の導入立案を目指し、2018年10月より活動している。

2019年1月よりスマートビルディング管理の実証として、神奈川県のイノテックビル内にIoT向けLPWA通信規格「ZETA」の通信網とセンサーデバイスを設置し、オフィスビル等の建築物へのZETAの適用について検証を実施した。

【参考サイト】NECネッツエスアイ・GMOクラウド他5社、ビル統合管理システム「DBM」を用いた スマートビルディング実証実験を開始

「スマートビルディング」・・・なんとも先進的な響きがあります。 要はAIやIotやロボットが得意なこと、できることはやってもらって、人は人間がやる方が優位性があることだけやることで、効率性、生産性を上げていこう! ということのビル、建物管理版です。
特に設備管理と親和性が高く、あちこちの企業でよりベターなシステムを開発されてみえますね。 ビルメンポストでも色々紹介させていただきましたが、まだはっきりと運用が軌道にのっているというのはなさそうです。 まあすぐでしょうが。どんどんアップデートされていって、業界内でのすみわけもはっきりとでてくるんでしょうね。
業界人としては、どこのポジションに自分を置くかをしっかりと判断していかないとですね。よく俗に言うポジショニング戦略ってやつです。 戦略なんて仰々しく言うほどのこともありませんかね(笑)。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事