【ビル消毒】CYBERDYNEの除菌消毒作業ロボット「CL02」茨城県つくば市が本庁舎に導入 今後は公共施設での活用も検討

CYBERDYNEは除菌消毒作業ロボットが茨城県つくば市の本庁舎に導入されることが決定したことを発表した。つくば市は除菌消毒作業ロボット「CL02」を市役所1階の除菌消毒清掃に活用し、その後つくば市のその他の公共施設での活用も検討する。なお、今回の導入は地方公共団体による新型コロナウィルスに対する取組を支援するための内閣府の地方創生臨時交付金「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」の活用により、つくば市が実現した。

【参考サイト】CYBERDYNEの除菌消毒作業ロボット「CL02」茨城県つくば市が本庁舎に導入 今後は公共施設での活用も検討

役所にもついにロボット登場ですか、ビルメンポストでは初めての紹介になると思います。
親方日の丸ですから、先行事例を確認してから、そろりと踏みこんでくるイメージなんですが、役所にも投入されるのをみると、こうしたロボットの普及もいよいよかもと感じてしまいますね。
もともと清掃ロボットだったのを、このご時世をうけて消毒機能も付きました。っていう感じで、下からの紫外線照射はまだしも、どうしても上から噴き出す除菌剤はお粗末になりますが、まだまだ仕方ないかもしれませんね。 これは、消毒ロボットもいろいろ紹介させていただいていますが、まだ改善の余地があるところで、細かいところは人の手に頼るところで致し方なしかな、の分野。 昨日も書きましたが、人とロボットの協働作業でいいんじゃないでしょうか。 十分に効率アップ計れていますし、人手不足の問題解消にもなっていますからね。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事