【ビル管理】日本版GPSで農業をスマートに NTTが実証実験

NTTなどは18日、日本版全地球測位システム(GPS)の準天頂衛星を駆使して農作業を効率化する実証実験に乗り出すと発表した。ドローン(小型無人機)と人工知能(AI)を組み合わせ、農薬や肥料の散布を無人化、農作業にかかる時間を30%ほど削減することを目指す。2年後メドに事業化を目指し、国内だけでなく東南アジアなど海外への輸出も目指す。

スマート農業。AIやドローンを駆使して生産性を高めています。
同じことがビルの管理でもできます。害虫や雑草の具合も監視できますし、活用方法はたくさん出てきますよね。これからの10年ですね。大きくビルメン業界も変わっていくのでしょうね。しっかりついて行きます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43896810Y9A410C1X13000/?fbclid=IwAR3J4gFMcHB1X0tt7mykUCx1_IjWwJM6T0r0LcvhHFrj_Qbc_VTApMtMktM

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事