【ビル管理】熟練の技をMRで–長谷工ら、マンションの外壁点検をする「AR 匠 RESIDENCE」解発

長谷工コーポレーション、アウトソーシングテクノロジー、日本マイクロソフトは7月6日、マンションの外壁点検にMR(Mixed Reality=複合現実)を使ったソリューション「AR 匠 RESIDENCE(エーアールタクミレジデンス)」を共同開発したと発表した。長谷工リフォームが建物診断を行う関東エリアに導入している。マンションのタイル打診検査にMRを使用するのは国内で初めて。

【参考サイト】熟練の技をMRで–長谷工ら、マンションの外壁点検をする「AR 匠 RESIDENCE」開発

マンション外壁のタイル打診検査の効率アップツールです。
作業風景を見ていますと、別に従来の方法も一人でもできるんじゃないのか?と思ってしまいますが、記録がしやすいのと視覚的に反映してくれるので、不具合範囲もより詳細にわかりやすい、ということでしょうか。
 しかし、不具合箇所を特定していくためには、棒を近づけて全箇所廻っていかなければならないとのことで、このあたりは従来のやり方と変わりはなさそうです。 他のビルメンの報告書作成がしやすいアプリとかと基本同じでしょうか。作業効率はおよそ30%アップするとか。
 省人化、生産性向上にもつながることはいいですね。 

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事