【ビルメンテナンス】中国で非接触型トイレ、紙を自動繰り出し 衛生を強化

中国ではいったん下火になったトイレットペーパーのシェアリングに代わる新サービスとして、非接触型の「スマートトイレットペーパー端末」が注目を集め始めた。北京の新興企業、小趣智品科技(Xiaoqu Zhipin Technology)が展開する「小趣智衛」ブランドのオフィス向けサービスで、スマートフォンのアプリを使えば空いているトイレを検索できるだけでなく、トイレットペーパーやペーパータオルが自動的に一定量出てくるほか、個室のカギも手を触れずにかけられる。新型コロナウイルス感染防止のための「非接触」サービス人気を背景にしているが、紙の無駄遣いが避けられるため、導入したオフィスビルの側にとってもコスト削減の効果がある。

【参考サイト】中国で非接触型トイレ、紙を自動繰り出し 衛生を強化

細かいところだけれど、中国では非接触型のトイレというのが出てきているようです。
 トイレットペーパーやペーパータオルがスマホのアプリと連動して自動で出てくるそうで、さらにトイレのロックや空気清浄機までアプリ連動の非接触。 このサイトでも何度も紹介させていただいていますが、ロボットやAIがらみはやはり中国が進んでいるようですね。
 日本に圧倒的に欠けているのは規制緩和。とにかく、非接触はこれからのキーワードです。ビルメン業界の管理、営業もニューノーマルであきらかに変わってきているわけです。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事