【ビル管理】IoTで施設の管理業務を効率化する「Facility Connect」を提供開始

IoT通信サービスを提供するセンスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:神保 雄三、以下:センスウェイ)は、企業や個人のIoTプロジェクトを支援するconect.plus株式会社(東京都港区、代表取締役CEO:坂井 洋平、以下:コネクトプラス)と協力し、センサーを活用して、IoTシステムによりビルや倉庫、屋内設備における漏水や入退室を簡単に検知・通知できるサービス「Facility Connect(ファシリティ・コネクト)」の提供を、2020年8月から開始します。

施設管理の仕事は、作業員による巡回や手作業での点検など業務が多岐にわたる他、作業員の高齢化や慢性的な人手不足により、現場の作業員の業務負担が増しています。さらに、近年の大型台風などによる水害が増えていることを背景に、漏水対策をはじめとする設備管理や点検業務をITによって効率化する重要性が高まっています。

【参考サイト】IoTで施設の管理業務を効率化する「Facility Connect」を提供開始

施設管理とIoTとは相性が良くて、いろいろサービス出てきていますが、今日紹介させてもらうのもそんな一つで作業負担の軽減や、生産性アップにつながるサービスです。
 センサーを活用して漏水検知および通知を行われ早期の漏水発見に繋がることや、施設内で不審な入退室があった際は、アラート通知により素早く把握することができるみたいです。 また初期設定不要ですぐに利用を開始できるというのもウリのようですね。 
 この手のサービスは次々出てきていますので、各施設ごとに、相性の良く、費用対効果の高いものを選別することができるようになってきているのも昨今のよいところですね。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事