【ロボット】京王線新宿駅で働く、身長30㎝「新駅員」の正体

1日に約80万人が乗降する京王線新宿駅。2019年9月、今春入社した新入り「駅員」が同駅に異動してきた。券売機の間にたたずむ、身長わずか約30センチの彼の名は「下北沢レイ」。

オムロンの子会社、オムロンソーシアルソリューションズが開発した駅案内ロボットだ。

「下北沢レイ」の初任地は名前にあるように下北沢駅だ。同駅の中央改札口の新設に合わせて2019年3月に設置。音声対応型のAI(人工知能)が組み込まれており、乗り換え案内や運行情報などの問い合わせに対応できる。

昨日は警備ロボットの紹介でしたが、本日は案内ロボット。それにしてもサービス業はどこもかしこも本当に人手不足なんですね。この案内ロボットも設置されるや、およそ5分に1回のペースで活躍しているとか。結構みんな使うんですね。紹介記事を読んでいると、まだまだ対応に苦しいことも多々あるみたいですが、そういうケースや情報もため込んで結構早くに解決していけそうです。ロボットのいいところは何カ国語にも対応できること。このあたりは人よりも効率いい。外国人への案内は、人が「あそこのロボットに聞いてください。」なんて対応も出てきそうだなー(苦笑)。

https://toyokeizai.net/articles/-/321971?fbclid=IwAR2qnOOMo7y7sMMnqoP2Eg_SIMQqD1eZ7xNwZelmU-G-OxOWT5MIYGewEAE

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事