【ロボット】パーソルP&T、ドローンを活用し自治体の生産性課題を解決へ神奈川県が「公共施設における施設点検の効率化」事業に採択

~ドローンによる施設確認点検により、現行と比べ安全性向上、作業時間・コストを削減~

■背景
神奈川県では、超高齢化社会や人口減少社会における様々な社会的課題の解決に向け、市町村や企業等と連携しテクノロジーの力を活用した実践的な取組を推進しています。

その一環として、ドローンを活用して社会的課題の解決に取り組む「ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業」の提案が募集され、11月21日に第一弾の採択結果が発表されました。

■概要
神奈川県が募集した「ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業」の一つとして、当社の「公共施設における施設点検の効率化」事業が採択されました。

本事業では、公共施設である神奈川県中郡二宮町内の生涯学習センター「ラディアン」内において、カメラを装備したドローンの飛行により撮影を行うことで、施設点検の効率化を図ります。
具体的には、外壁や配管などの点検をドローンで行い、ヒビ、割れ、欠損等の確認点検を行います。また、ドローンによって撮影された写真データを元に、画像を3D化し点検情報と実物を関連付けて管理する3次元台帳を作成し、従来の点検管理業務よりもわかりやすく、正確かつ安全な施設管理を継続的に運用いただけます。

パーソルさんと言えば、人材派遣会社と思っていましたが、このような設備点検にも参入されていたんですね。ドローンを使った設備点検。前から書いていますが、設備点検管理とAIやロボット、そしてこのドローンもですが相性いいですよね。警備とかもすごく思うんですが、逆に清掃はショッピングセンターや空港などの大規模施設では使いやすそうですが、細かいビルが日本は沢山あるので、そちらではまだ個別の人工作業のほうが効率よさそう。外壁のひび割れ、欠損、配管の損傷などを人がチェックしにくい高層部分を重点的に点検していくということですよね。ロボットと人との協働は確実に進んでいきますね。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000168.000014515&g=prt&fbclid=IwAR1o8HOOfyou2WvaVjUH9hwkjBgHPyWM62okqmf3r58Zdxctg9wXU3NjylU

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事