【ビル管理】高輪ゲートウェイ駅を実証実験の場に–無人AI決済店舗や清掃・警備ロボットを導入

JR東日本は12月3日、山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の駅サービス設備などについて、概要を発表した。

高輪ゲートウェイ駅は、2020年春の開業を予定する、山手線・京浜東北線の新駅。田町~品川間に開業する。JR東日本は高輪ゲートウェイ駅について、「グローバルゲートウェイ品川」をコンセプトとした周辺再開発地域の核として、最新の駅サービス設備の導入・実証実験を進める場と位置付ける。

駅サービス設備としては、構内を自動巡回する警備・清掃ロボット、話しかけることで情報を提供する駅案内AIサイネージなどを試行導入。旅客案内や広告宣伝ができる自律移動型ロボットや、車いす型移動支援ロボットの実証実験も実施する。

もう高輪ゲートウェイ駅は外観は出来上がっていますね。最新の駅サービスに向けて、JR東日本さんにとっても実証実験の場になるとのこと。清掃ロボット、警備ロボットはもちろん、旅客案内や広告宣伝ができる自律移動型ロボット、車いす型移動支援ロボットなんかまで動き出すとか。アメリカのアマゾンみたいに、手にとるだけで無人AI決済ができる店舗もお目見えするとかで、これは興味つきませんねー。建物管理、ファシリティマネジメントの観点からも、未来の暮らしを垣間見れる場所になりそうです。これは楽しみですね。

https://japan.cnet.com/article/35146286/?fbclid=IwAR3a7QJt6rSVxkl6QcysWLVGNW_2MhtTbhe0-DA7O5AVsIEBXdshlP4gTLI

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事