【アバター案内受付】ビル管理での受付はみんなアバターになるか?

なんどかビルメンポストでも紹介してきたアバター受付。

お客さんがいなくても従来だとずっと待機していなければいけないし、実際気も抜けない。

アバターなら離れた場所でくつろいでいてもいいし、何なら自宅からでもいいだろうし、一人で何カ所も対応することも可能でしょう。

実際のスタッフとまるで違う??優しく親しみやすいアバターに対応させてもいいわけです。

まず間違いなく将来的には、案内業務はアバターにほぼ置き換わると思いますね。

ホスピタリティ溢れるスペシャルな対応が特別に必要な場合を除いて。

【参考サイト】アバターが情報を案内 サービスエリアで実証実験 茨城 守谷

茨城県守谷市にある高速道路のサービスエリアで、窓口のスタッフの代わりに人の分身、「アバター」が交通情報などを案内する新たなサービスの実証実験が始まりました。

この実証実験は、新型コロナウイルス対策として人と人との接触を減らそうと、東日本高速道路が常磐自動車道下り線の守谷サービスエリアで14日から始めました。
サービスエリアでは通常、窓口のスタッフが交通や観光などの情報を案内しますが、実験では窓口のモニターに表示された「アバター」が案内します。
「アバター」は離れた場所にいるスタッフの分身で、訪れた人が、モニターを通じて会話することができます。
スタッフの表情を反映させたり、手を振ったりすることもできるほか、モニターに地図を表示して渋滞状況や高速料金などを詳しく案内することもできるということです。
東日本高速道路ドラぷらイノベーションラボの瀬川祥子チームリーダーは「将来的には、スタッフが足りないときにほかのサービスエリアから支援したり、自宅から対応したりということも検討したい。お客さんには表情豊かなアバターとの会話を楽しんでもらいたい」と話していました。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG