【築51年のビルにおいてのビルメンDX事例】ビットキー、東京建物・鹿島の築51年のビルを丸ごとDX

こちらは築51年のビルにおいてのビル全体のDX化事例です。

ビルの入退室管理、シェアオフィスの運営・管理支援、会員間のコミュニケーション促進を目的としたDX化。

具体的には、
・スマートフォンひとつで、エントランスも会議室も予約〜カギ解錠まで完結

・会議室やフォンブースの予約状況を見える化

・カフェ・ミュージックバーラウンジの混雑状況を可視化

・契約会員利用者の位置情報シェア

とかで、人と仕事の間の分断をDXで「つなげる」ことで解消するコネクトプラットフォームです。

築51年のビルでも、5G対応やセンサー設置でDX対応できるというわけですね。どれほどの生産効率アップかは、記事だけでは伺いしれませんが、意識高く改善していきたいものです。

【参考サイト】ビットキー、東京建物・鹿島の築51年のビルを丸ごとDX

株式会社ビットキーは、東京建物株式会社と鹿島建設株式会社が共同で所有する六本木和幸ビル(以下、当ビル)にオープンした、“すこやかに働く”をテーマとしたワークプレイス「Kant.」にて、ビルの入退室管理、シェアオフィスの運営・管理支援、会員間のコミュニケーション促進などを目的に、workhubをはじめとした、ビットキー製品が採用されたことをお知らせします。

築51年の当ビルは、2022年春より、新しい働き方に対応したオフィス形態を実現するため、1階がカフェ&ミュージックバーラウンジ、2〜3階がワークラウンジ(有人運営)、4〜5階がシェアオフィス、7階がカスタムオフィスと、ワーカーの多様なニーズを満たす複合型ビルとして生まれ変わりました。

従来、フロアごとに異なる用途のオフィスが提供される場合、運営側はフロアやニーズごとに異なるサービス・スマートフォンアプリを提供することが一般的です。しかし、システムが分断されることで、管理・運用負荷が高まるとともに、当ビルのようにワーカーがフロアをまたいで各オフィスを利用できる場合には、ワーカーの利便性を損なうことにも繋がります。こうした課題を解決するため、この度、フロアごとに必要なサービスを1つのシステムで提供可能なworkhubが採用されました。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG