【空き家管理の通水について】空き家の通水はなぜ必要なのか?

空き家はすでに全国にたくさんあるわけですが、一説によると九州全域の戸数が全国の空き家として散らばっているとか???

イメージしてみるとすでにすごい数の空き家が全国にあります。それでも次々に新築の戸建て、マンションが出来ていて、人口は減ってきているというのですから、空き家は増加し続けて当然ですよね。

それでもじっくりとでも着実に新築信仰、持ち家信仰は減ってきているのも実感としてあります。

こうして、少しずつ世の中の体系というのは変わっていくのでしょうが、まだまだ空き家管理というのは深刻にして悩ましい問題であります。

空き家管理において通水、通風はとても大切なことだと多くの人が理解しているはずですが、その中でも通水の必要性について詳しく説明してくれている記事を見つけたので紹介させていただきます。

1.空き家の管理で通水を行わないとどうなってしまう?
2.空き家の適切な通水ってどうしたらいいの?
3.空き家の通水ができない? 管理ができない場合の対策とは?

などでわかりやすいので実際は下記記事をチェックされてみてください。

ほっておくとすぐに傷んできてしまうのは空き家も同じです。過去記事でもいろいろ紹介してきましたが、ご先祖への想い入れもありなかなか結論を決めがたいことも空き家問題の大きな一面でありますが、先延ばししてもいいことないのが現実なので、しっかりとりくんで、そして決断していかなければいけないことですね。難しいことだと思います。

【参考サイト】空き家の通水は必要?行わない場合のダメージについて解説

空き家状態の住んでいない家を所有している場合、気になる点が水道契約を継続するかどうかといった点です。

水道は契約を継続していると使用しなくても、基本料金を支払わなければいけません。

基本料金を払いたくないからといって空き家の水道は契約を停止してもいいのでしょうか?

契約を廃止するということは、今後空き家の通水は行えないということになってしまいます。

では、空き家の通水を行わなければ、どのようなリスクを負ってしまうのでしょうか?

この記事では、空き家の管理における通水を行う必要性や、空き家の通水ができない場合の対処方法といった点について詳しく解説します。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG