MENU

【ビルメンDX】既存のビルもまるごとDX:ビットキーの「workhub」

もうビルメン業界においても、既存のビルにDXと呼べるプラットフォームシステムを組むことは可能になっているのです。

今日紹介させていただく、workhubも既存の設備や導入済みのITシステムなどをつなげて、一括管理できるプラットフォームです。

会議室予約システム、エレベーター制御システム、空調コントロールシステム、食事配達サービス、セキュリティシステムでもICカード、パスコード、QRコード、顔認証など、多様な認証方法を組み合わせて利用できる。

もうビルの省エネ、運用コストの効率化、省人化、ビル管理の生産性アップに多大に貢献してくれそうです。

こんなにいいものは、爆発的に普及していきそう!!!

と、そんなにうまくはいかないのです。ちゃんと問題があるのです。

次代のビル管理を見据えて、我々ビルメンもしっかり準備していきたいものですね。

ビルメンポストでは、未来のビルメンを少しでも先取りしてご紹介していきたいと思います。

【参考サイト】顔パス・タッチ予約・スマートロック、ビットキーの「既存のビル丸ごとDX」

東京建物は、オフィスビル「東京スクエアガーデン」の共有部に、ビットキーのデジタルコネクトプラットフォーム「workhub」(ワークハブ)を導入した。ビットキーは、報道関係者限定の内覧会を開催し、同プラットフォームの導入で実現した新しい働き方を紹介した。

workhubは既存の設備や導入済みのITシステムなどをつなげて、一括管理できるプラットフォームだ。

例えば、提供事業者がそれぞれ異なる会議室予約システム、エレベーター制御システム、空調コントロールシステム、食事配達サービスなどをworkhubに連携させることで、利用者(個人)認証を一貫して行うことができる。また、セキュリティゲートなどでは、ID認証の際にICカード、パスコード、QRコード、顔認証など、多様な認証方法を組み合わせて柔軟な利用・運用を実現する。

この記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

ビルメン業務でこんなお困りごとはありませんか?

  • 求人募集で誰も来ない・離職率が高く・定着率が悪い。
  • ビルメンの業務効率化・労働生産性向上・IT/DX化
  • 警備・清掃業務の値上げ交渉が上手くいかない。
  • ビルメンロボットに導入に関しての相談

ビルメンコンシェルジュでは「ビルメン業務・ビル管理に関する無料相談」を行っています。

詳しくは下記ページをご参照ください。

空き家でこんなお困りごとはありませんか?

  • 田舎の実家・空き家をどうするかで悩んでいる
  • 実家を放置しっぱなしなので何か有効活用をしたい。
  • 実家をなるべく費用をかけずに処分したい。
  • 空き家の維持管理にどのくらいの手間やコストがかかるか知りたい。

ビルメンコンシェルジュでは「空き家管理・処分・活用に関する無料相談」を行っています。

詳しくは下記ページをご参照ください。

この記事の執筆者

清水聡希 清水聡希 ビルメンポスト管理人

ビルメンポスト』管理人/『ビルメンコンシェルジュ』チーフSG・名古屋市生まれ。日本ホスピタリティ推進協会員
「現場の代務経験ゼロ」「全管理物件黒字化達成」が自慢の現役ビルメンマン。
※取材依頼・仕事のご依頼はこちら>>

目次