【ビルメンIT・AI】ビルの受付業務を効率化 クラウド型入退室管理サービス「SPLATS(スプラッツ)」

昨日紹介したビル建物の受付業務を効率化するQR管理システム。

便利だなー、コストも安いし、これは普及していきそうだなー、なんて考えて他にもあるのかググッていたら、ありました。

こちらはゲストが専用管理サイトから来客情報を登録することによってQRコードを発行してもらい、それをQRリーダーにかざして開錠してもらうタイプ。

非接触カードリーダーと一体化した専用の筐体を設置する必要がありますが、お手軽ではありますね。

必要なシステムを費用対効果考えて利用していけますね。そして非接触。

次代の入退室管理システムです。

【参考サイト】~ゲストの入館証をQR化し受付業務を効率化~「ゲスト用QR発行機能」をクラウド型入退室管理サービスSPLATSの新オプションとして提供開始

セキュリティ機器の開発・販売を行う株式会社クマヒラがサービスを展開するクラウド型入退室管理サービス「SPLATS(スプラッツ)」に「ゲスト用QR発行機能」を追加し、新たに「QRオプション」の提供を2021年10月6日(水)より開始しました。

2021年4月にサービスを開始したSPLATS(スプラッツ)は、インターネットを通じて手軽な入退室管理を実現するクラウド型の入退室管理サービスです。
これまで、SPLATSではICカードによる認証方法に対応し、主に社員や会員など特定の利用者の入退室管理にご利用いただいておりました。しかし、社外からの来客など一時的な入室を行うゲストに対しては、都度ICカードを貸し出したり社員が帯同して扉の開閉を実施する必要があったため、運用の簡素化を望む声がユーザーから寄せられていました。
そこで今回、SPLATSのユーザーが専用管理サイト上から来客情報を登録することで、ゲスト宛てにQRコード付きのEメールを発行するゲスト用QR発行機能を追加し、合わせて認証用QRリーダーを追加する新たなオプション「QRオプション」の提供を開始しました。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG