【ビルメンIT・AI】遠隔操作のビルメンアバター受付

こういう遠隔操作できるビルメンアバター受付も増えてきました。

とても効率がいいのが、一人の人間が複数のアバター受付を管理できること。

遠隔でいいし、アバターなので、それこそ年齢性別に関係なくそれこそ場所を選ばず仕事できる。障がい者でも対応していただけるはず。

多様な働き方ができる社会の構築につながるアバター技術は間違いなくこれからのビルメンテナンス業界にも普及していく技術。

労働集約型、3K職場ともいわれているビルメン業界を変えていくこれから更に広く普及していくことが間違いなしのシステムです。

【参考サイト】遠隔操作「アバター」を人材派遣 パソナ、ベンチャーと協業

人材派遣大手「パソナグループ」は20日、大阪大発のベンチャー企業「AVITA(アビータ)」と共同で、遠隔地から自らの分身のようにコンピューターグラフィックス(CG)やロボットを動かす「アバター」技術を生かした新たなサービスを始めると発表した。11月中に兵庫・淡路島に人材育成・教育施設を開設。年内には接客販売を行うアバターを「人材派遣」する。今後、1人で複数のアバターを操作する仕組みも整える予定で、アバターによる就業が年齢や勤務地などの制約を受けないことから、両社は「少子高齢化に向け、新たな雇用創出につながる」と話している。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG