【ビルメン労働安全衛生DX】IoTで作業員の安全衛生管理

ビルメンでも使える安全衛生のヘルメット装着型IoT機器。

IoT機器のセンサーから作業員の脈拍や活動量などの生体情報、気温・湿度・気圧等の気象情報、位置情報について、それらを適時取得し、クラウド上で統合管理することで、現場や職種など、さまざまな属性ごとにグラフや地図を用いてダッシュボード上に多面的に分析できるそうです。

これによって、安全衛生管理部門と現場管理者は、作業員の健康状態を遠隔地から継続的にモニタリングできるようになり、酷暑下の熱ストレスなど、健康リスクを適切に把握し、労働災害の未然防止に対応できるようになる。

同サービスでは作業員の位置情報から行動履歴を把握できるため、作業効率向上につなげることも可能になるとのことで、最新のDXは、安全対策と生産性アップをともにはかることができる機器。

もう、ビルメンに関わらず、どんな業種でもDXの取り組みを遅れては取り残されていくわけでしょう。

【参考サイト】IoTで作業員の安全衛生管理

日立ソリューションズは、IoT機器を活用し、作業員の生体情報や位置情報、気象情報を取得・分析し、安全管理を支援するクラウドサービス「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を提供する。第1弾の対応IoT機器として、村田製作所と協創した「作業者安全モニタリングシステム」のヘルメット型センサーデバイスと連携する。

新サービスは、建設業や製造業における労働人口の減少や作業者の高齢化、厳しい夏の暑さに伴う体調不良の危険性といった課題に対し、安全衛生管理部門や現場の管理者が作業員の状況をタイムリーに把握し、適切な安全対策を行えるように開発したもの。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ビルメンIT・AIカテゴリの最新記事