【ビルメンDX】空調機のDX化を実現するクラウドサービス:ダイキン工業

空調設備のDX化に向けてのダイキンさんのクラウドサービス。
クラウドなので、当然のインターネットに各機器が接続されていてそのデータを一元的に集めるということで、今後は自社機器のほとんどをコネクテッドタイプにしていくということで、これはまさにDXのしくみです。
このコネクテッドというのは、これからDX化に向けての一つのトレンドワードです。
そしてコネクテッドとは接続するという意味ですが、インターネットに接続されているということで、5G対応は当然なわけです。
今のところ、このダイキンさんの事例のように空調設備なら空調機のデータを一元的に集めて、そのデータからスマートビルディングに向けて有用な取り組みができないか探っていくのですが、あくまで空調なら空調データだけの活用というところに留まっています。
まず、空調、照明、防犯、案内、清掃など各カテゴリごとにDX化に向けた取り組みが進んでいき、いずれそれが全体最適化するために各カテゴリを統合したDX化、つまりスマートビルディングにおいてのスマートメンテナンス。そして予防保全ができるようになるはずですが、既存ビルにまで活用が普及していくのはまだまだでしょうか。
いずれにせよ、ビルメンのDX化はゆっくりながらも着実に大手さんが自社の機器のみの対応ながら、先行して開発されてきていますのでこうした動きを大きなトレンドとしてウォッチしていると、今後のビルメンテナンス業界の進むべき道筋も自ずと見えてくるわけです。
イメージできていますか?

【参考サイト】空調機のDX化を実現するクラウドサービス、遠隔監視・制御・更新・IoT機器連携に対応

近年、国内の企業では、収束の見通しが立たないコロナ禍で、従業員が健康に過ごせる環境の整備や脱炭素社会の実現に向けたCo2削減の取り組みが求められている。こういった状況を踏まえて、ダイキン工業は、空調設備の効率的な運用と快適なオフィス環境の構築に貢献する「オールコネクテッド戦略」を策定し、新戦略の中核となるクラウド型空調コントロールサービス「DK CONNECT(ディーケーコネクト)」を開発した。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG