【空き家管理】空き家のシンプルながら新しい活用法

そういえば、こういう活用法があるじゃないか⁈ です。
既存のトランクルームは料金がなかなかお高めですし、自宅近くにちょうどいい場所が少なくないです。また不動産の延長になるため手続きが複雑などの課題があります。
このモノオクのサービスはそうした課題をクリアした上で、非常にシンプルなサービスとして提供できるんじゃないでしょうか。
デメリットは、あくまで有人の場所の空きスペースを提供するということで、空き家じゃないじゃないか、とツッコめます。
どちらかと言えば有人の貸しスペースといった感じでしょうか。
シンプルですが新しいサービスなので、広まるかの試金石はやはり値段じゃないでしょうか。レンタルトランクルールより、安ければ需要は十分ありそうですね。

【参考サイト】空き家を収納スペースに変える実証実験–モノオクと東京都が新たな活用法

空き家問題の解決に物置きシェアサービス「モノオク」が乗り出す。都内の空き家をモノオク公式スペースとして運用し、物置きシェアサービスの浸透をはかるとともに、空き家の新たな活用法を探る。

 空き家を物置きスペースとして活用するのは、東京都との実証実験促進事業として展開するもの。モノオクでは、1月に「東京都スタートアップ実証実験促進事業(PoC Ground Tokyo)」に採択されており、3月18日に本格運用に至った。

 モノオクは、荷物の置き場所に困っている人と余ったスペースを活用したい人をつなぐ、物置きシェアサービス。2018年4月のサービス開始以来、登録ユーザー数は2万人を超える。住居の空き部屋や物置など、人が暮らしているスペースの一部を貸し出すことが特徴で、「住宅街の中でも保管スペースを作れることがポイント。自宅近くに収納スペースを確保できる」とモノオク 代表取締役の阿部祐一氏は強みを話す。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG