【ビルメン業界】リージャス グローバル ビジネス調査 フレキシブルワーキングは、生産性と財務戦略に結び付く傾向にあることが明らかに

【ビルメン業界】リージャス グローバル ビジネス調査 フレキシブルワーキングは、生産性と財務戦略に結び付く傾向にあることが明らかに

世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3,300拠点を展開する世界最大のフレキシブルなオフィススペースプロバイダーであるリージャス・グループ(IWG )(日本法人:東京都新宿区、日本代表: 西岡 真吾)は、世界80カ国以上、合計15,000人のビジネスマンを対象にフレキシブルな働き方に関する調査を2019年1月に実施しました。

今回の調査において、企業側が戦略面としてフレキシブルなワークスタイルに着目する傾向がより高まってきていることがわかりました。フレキシブルなワークスペースの適用は、より具体的なメリットとして自覚されるようになってきています。

金曜日恒例の生産性考察。
フレキシブルワーキング。恥ずかしながら初めて聞く言葉でしたんで食いつきました。まあ、フレキシブルな働き方ってことで意味はすぐ推測つきますが。
 フレキシブルなワークスペースや時間管理をすると生産性が高まるという労働者が概ね多かったという意識調査が出ましたという報告です。フレキシブルワーキングは、もはやビジネスパフォーマンス改善のために必須になりつつあることを示すものだっそうです。 まあ、予想どおりですよね。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000159.000015333.html?fbclid=IwAR3sCHt5k33ZbnqSR8jH0QDERX75CuWyKBEVBGxq-RzvXY9NtdAllk4CZ74

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

コラムカテゴリの最新記事