【ビル管理】風速に応じて自動で窓の開き具合が変化、三協立山が中高層ビル向けの「省エネサッシ」を発売

【ビル管理】風速に応じて自動で窓の開き具合が変化、三協立山が中高層ビル向けの「省エネサッシ」を発売

三協立山・三協アルミ社は、2017年5月に発売したビル用高性能の省エネサッシシステム「ARM-S」のUシリーズ[U+タイプ]に、風力を利用した新しい機構を持つ自然換気窓「風力すべり出し窓」を追加した。

風速に応じて、窓の開閉角度を変えて室内環境を快適にするとは省エネです。風が強いほど開閉角度を絞り込んでくれる。いろいろ工夫されていておもしろいですね。
でも花粉に悩む人が昨今とても多いんで、それへの対処には弱いんじゃないのかなー。と。

https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1904/05/news025.html?fbclid=IwAR2FNmqw3FSfEvyKKR8m5i3j6iWtd9PliuafZxMN2VZxQ_PiA5i59wWM18g

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事