【ビル管理】タッチレスでエレベータを操作する「非接触ボタン」の適用を拡大

フジテック株式会社は、本年4月に販売開始した標準型エレベータ「エクシオール」で適用開始している「非接触ボタン(旧名称:非接触呼び登録)」について、フロア数の制限などを緩和し、オフィス、ホテル、商業施設、マンション、病院など設置できる建物用途を拡大しました。2020年7月1日から適用をはじめ、引き続き新規設置する「エクシオール」の有償付加仕様として展開します。
今後は既設エレベータへの適用を目指して研究開発を進め、新しい生活様式に適応するエレベータの提供をさらに強化する計画です。

【参考サイト】タッチレスでエレベータを操作する「非接触ボタン」の適用を拡大

少し前にコロナ禍でエレベータのボタンを消毒したり、キーでタッチするためにボタンがボロボロになるっていう記事を紹介させてもらいましたが、やはりこういうエレベータが登場してきていますね。
赤外線ビームを手で遮ると登録階が反応するわけで、タッチレス、非接触の昨今のトレンドに沿ったエレベータ。
もちろん、今まで通りの押しボタンも付いています。これからのビルのエレベータはこれが主流になっていくんでしょうね。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事