【ビル管理】全戸に「ロボホン」標準装備のマンションが登場

名鉄不動産、西日本電信電話 名古屋支店、シャープ、長谷工コミュニティは7月9日、シャープのコミュニケーションロボット「ロボホン」をマンションの全住戸に標準装備し、家族の生活をサポートするコミュニケーションプラットフォームサービスを共同で開発すると発表した。第1弾として、名古屋市緑区の新築分譲マンション「(仮称)MMプロジェクト」の全192戸に導入する。

【参考サイト】全戸に「ロボホン」標準装備のマンションが登場

マンションもロボホン標準装備ですかー。  いよいよこういう時代が来るんですね。
まだ万能感は薄いですが、未来への期待感は十分です。
管理会社・管理組合からのお知らせや、宅配ボックスへの荷物の受け取り通知。また、電気料金(概算)やマンション管理に関する簡単な質問などにも、ロボホンが答えてくれるそうです。さらにロボホンとの対話により、エアコンや照明、テレビなどの家電製品、さらにカーテンの開閉操作も可能で、自宅にいる子どもの様子をロボホンのカメラで撮影し、その映像を外出先からスマートフォンで確認することもできるとか。
マンションもこういう居住空間の付加価値を付けて供給していく時代なんですね。 流行りのキーワード、非接触にも対応できそですね。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事