【ビル管理】GMOクラウド:ビル・ファシリティ管理会社向けに機能拡充 AIでメーター点検業務をラクにする「hakaru.ai byGMO」

【ビル管理】GMOクラウド:ビル・ファシリティ管理会社向けに機能拡充 AIでメーター点検業務をラクにする「hakaru.ai byGMO」

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド)は、メーターをスマートフォンで撮影するだけで、AIが画像を認識して値を読み取り、自動で台帳記入まで行う「hakaru.ai(ハカル エーアイ) byGMO(以下、hakaru.ai)」(URL:https://iot.gmocloud.com/hakaru-ai/ )において、ビル・ファシリティ管理会社向けの機能を追加し、本日2019年9月18日(水)より標準機能として提供開始いたしました。
 新たに追加した機能は、ビルなど施設設備の「月に1回」の点検頻度に合わせた記録台帳の搭載と、選択した「当月と前月」や「前年同月比」などの差分計算ができる機能となります。ビルなどの設備点検に欠かせないメーター点検数値の「解析・記録・保存・計算」までの一連の業務を効率化することができ、点検業務の人員や作業時間の削減が見込めます。

電気や空調、給水の月1点検業務を楽にするアプリ。スマホでメーターの写真を撮るだけで記録を残していけるそうです。日々の定型業務もどんどん使えるものは使って楽にして、生産性を高めていきたいですね。結構こういう記録簿を残したり、報告書を作成していくのも時間とられますからね。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000002716.000000136&g=prt&fbclid=IwAR3ghkaPVOvFPjTIQ13eYBteNtx8C_gZh8Y3HuZ177j4duvmSrM4YAnr_mI

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事