【ビル管理】天壇病院、IoTブレーンでスマートに節電—中国

朝が早い夏の日。早朝の日差しが大きなガラス越しに天壇病院のホール、廊下、各エリアに降り注ぐ。人々が広い病院内を慌ただしく行き来し、頭上の照明がついているかを気にする人は稀だ。しかしここには大きな省エネの数字が隠されている。科技日報が伝えた。

3エリア・14棟の各種応用シーンと時間帯によって照明をつけるか消すかは並大抵のことではない。北京時代凌宇科技股フン有限公司(フンはにんべんに分)物聯網(IoT)研究院の樊勇副院長は、「各時間帯とエリアに応じ、後方管理プラットフォームシステムを設計した。これは全体的な制御を司るブレーンのようなもので、病院内の照明の自動調節・管理を担当する」と話した。

昨日、スマートホームのネタアップしましたが、もう中国では病院で稼動していました。 照明・換気・空調などの省エネに役立つプラットフォームシステムでIOTの技術も絡めて省エネのほか、日常的なメンテナンスの人件費を削減できるとか。うーんさすが、勢いある国はこの分野でも進んでいます。こんな記事見ると、日本でもまったなしで、すぐにきそうな気がしてきた・・・・。もちろん生産性も高まりそう。

https://news.biglobe.ne.jp/international/0811/rec_190811_3855090942.html?fbclid=IwAR0mot83wuDXSVwlbkz0DCGWneBwk9P63narA8hnhJB5Up89vjOZFARYj7I

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

CTA-IMAGE ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事