MENU

【マンション管理のAI化】AI×マンション管理の未来 

マンション管理におけるIoT活用のプラットフォームです。

昨今、スマートビルというのがビルメン業界においてもキーワードとしてあがってきています。スマートビルディングというのは、IoT技術やAI技術によって設備・データの一元管理を可能にしたビルのことです。

まだまだほとんどのビルメンにとっての既存物件において対象外かと思いますが、都心の大規模新規ビルにおいては、欠かせない技術になっています。

こんなスマートビルに対して、既存のビルメンがどう対応していくのか、既存のビルにおいても徐々にスマートビル化していくことも考えられるのでどう対応していくのかは、今後のビルメン企業の大きな課題になっていきます。

新しいイノベーションにもしっかりついていきたいものです。

【参考サイト】アセットコミュニケーションズ、AI×施設管理の未来「Smart Building Solutions 2024」を公開

株式会社アセットコミュニケーションズは、AI×施設管理の未来「Smart Building Solutions 2024」を公開いたしました。
■「Smart Building Solutions 2024」について
建物管理を、 もっと、 スマートに。
アセットコミュニケーションズは「建物とみんなをHappyに」をミッションとし、デジタル化やAI活用を通して建物管理のスマート化を実現するサービスの開発・提供を行ってまいりました。
これからの建物管理においては、より一層「AI」「IoT」を活用しつつ「省人化」「利用者体験価値」「セキュリティ」といった価値提供を図っていくことが求められることが予想されます。
この度、アセットコミュニケーションズの建物管理のスマート化のノウハウを詰め込んだ「Smart Building Solutions 2024」を公開いたしました。
是非、ご活用ください。

この記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

ビルメン業務でこんなお困りごとはありませんか?

  • 求人募集で誰も来ない・離職率が高く・定着率が悪い。
  • ビルメンの業務効率化・労働生産性向上・IT/DX化
  • 警備・清掃業務の値上げ交渉が上手くいかない。
  • ビルメンロボットに導入に関しての相談

ビルメンコンシェルジュでは「ビルメン業務・ビル管理に関する無料相談」を行っています。

詳しくは下記ページをご参照ください。

空き家でこんなお困りごとはありませんか?

  • 田舎の実家・空き家をどうするかで悩んでいる
  • 実家を放置しっぱなしなので何か有効活用をしたい。
  • 実家をなるべく費用をかけずに処分したい。
  • 空き家の維持管理にどのくらいの手間やコストがかかるか知りたい。

ビルメンコンシェルジュでは「空き家管理・処分・活用に関する無料相談」を行っています。

詳しくは下記ページをご参照ください。

この記事の執筆者

清水聡希 清水聡希 ビルメンポスト管理人

ビルメンポスト』管理人/『ビルメンコンシェルジュ』チーフSG・名古屋市生まれ。日本ホスピタリティ推進協会員
「現場の代務経験ゼロ」「全管理物件黒字化達成」が自慢の現役ビルメンマン。
※取材依頼・仕事のご依頼はこちら>>

目次