【警備ロボット】成田空港で働くSECOMのセキュリティーロボット(動画あり)

前にも紹介しました、SECOMさんのセキュリティーロボットcocobo(ココボ)。

動画付き記事見つけました。成田空港では現在、3台稼働しているみたいです。

動画見ていると、巡回中にちゃんと人を避けて通行していますね。

荷物を置きっぱなしで離れると、警備ロボが「荷物が置き忘れています・・・」と周りに注意喚起してきます。

人が倒れたり横たわると、これまた「どうされましたか?」と話しかけてきます、と同時に防災センターにも注意喚起してきます。

これを日本語と英語で話しかけてきます。もうこういう巡回ロボットとカメラセンサーを防災センターで人は監視しているだけでいいんじゃないかと思えてきますね。人は緊急時にのみ現地に駆けつければいいわけです。

警備ロボット1台あたりの運用コストが気になりますが、費用対効果が良ければ今後あちこちのショッピングモールとかでも活躍していくでしょう。

警備業界の人手不足も緩和されていくかもで、警備も設備も清掃も案内業務もビルメンの多くの仕事が今後、こういうロボットやAIが補完していってくれるのでしょう。

【参考サイト】成田空港の警備はロボにお任せ 不審な荷物や混雑状況、AIで検知

混雑状況などをAI(人工知能)で検知しながら自律走行する警備大手・セコムの新型セキュリティーロボット「cocobo(ココボ)」1台が13日、千葉県の成田空港に初めて導入された。空港に旅客が戻る中で、ロボットの力も使い、広い空港での巡回の負担軽減や、警備の効率化、強化を図るという。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG