【消防設備士で月20万ぐらい】ザブングル加藤の副業収入

お笑いと消防設備士のどちらが本業なのかわからなくなってきている⁈ザブングル加藤さんの月収みたいです。

お笑いと消防設備士の収入を合算して月40~50万。

4人家族でまあなんとかというところなのでしょうか。奥さんの収入知りませんが。

世間の大企業では、副業を推奨するようにもなってきているそうですが、お笑い芸人も副業をしながらする職業になってきているのでしょうか。

まあ、消防設備士は安定の収入源だそうで、それではこちらが本業なのでしょうかね。

世間相場の副業感と同じで、「安定と不安定がドッキングするとちょうどいい感じになる」のは、まあそうなんでしょうね。

ゴミ芸人を名乗っている滝沢同様に、有名人⁈の方々には、ビルメンテナンスカテゴリ職業のマスコミ発信を増やしていただいて、業界の認知発展に協力願いたいですね。

【参考サイト】ザブングル加藤 芸人&消防設備士の収入告白 「お笑いの仕事MAXのとき月200万円」の過去も現在は

お笑い芸人のザブングル加藤(47)が10日深夜放送のテレビ朝日「爆問×伯山の刺さルール!」(火曜深夜0・15)にVTR出演。現在の収入を明かした。
 20年に国家資格「消防設備士」を取得し副業をスタート。「お笑いの仕事がMAXのときは月200万円あった。今は20万円を切るぐらい。4人家族で、20万円弱だとやっていけないので副業をやるようになった」と二足のわらじで活動する理由を説明し「お笑いがだいたい月20万円ぐらい、消防設備士が月20~30万円って感じ。2つ合わせるとなんとかやっていける」と話した。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG