【ATRの警備員ロボット】列への割り込み行為も注意

まさに警備ロボットらしい見た目の警備員ロボット。

威圧感もなく、子供っぽい感じもしますが、日本が開発するロボット然しています。

イベント会場の入場整理が専門のロボットなのでしょうか。

「列の最後尾にお並びいただけますか」など、誰でも言いにくい注意もするとかで、こういうのは逆にロボットの方が躊躇なく言えて適任かもですね。

なんでもできるというのが売りの多目的ロボットもいいですが、一芸特化のロボットというのも割安につくることができるでしょうか。操作方法も簡単かもで、普及要因かもしれませんね。

【参考サイト】警備員ロボット、割り込みも注意できます 人手不足解消へ実証実験中

イベント会場で入場者の行列整理をする警備員ロボットを、国際電気通信基礎技術研究所(ATR、本社・京都府精華町)が開発し、実証実験を始めた。イベントに来た客を行列の最後尾に誘導するだけでなく、列への割り込み行為などを見つけたら、注意もできるロボットで、人手不足の解消につながるか注目が集まる。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG