【草刈りロボット】草刈作業を自動化するロボットトラクター「YT488A」

今まで紹介したことのないニュータイプジャンルのビルメンロボットです。

草刈り作業の自動化ロボットは見たことなかったので新鮮でした。

名前のとおりこれはトラクターをベースにしていますね。

空港のような広い敷地の草刈りにはいいでしょうが、このサイズだととても使われる場所が限られるでしょう。

コンパクトサイズを創るほうが難しいのでしょうか。狭い敷地の草刈りなら人が作業しても大した労力にならないから、あまり需要ないのでしょうか。

飛び石も気にならないような広い敷地向きの草刈りロボット。ビルメン分野のあちこちに着実にロボットは進出してきてくれていますね。

【参考サイト】空港内緑地部の草刈作業を自動化するロボットトラクター「YT488A」を納入

ヤンマーホールディングス株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリジャパン株式会社は、国交省が推進する空港内緑地部の草刈自動化施工の導入において、興和ビルメンテナンス株式会社を通して鹿児島空港へYTトラクター「YT488A ロボット仕様(以下ロボットトラクター)」を2台納入しました。今後、国が管理する対象空港へ順次納入します。

YAJは、農家の担い手確保、ノウハウの継承が課題となっている農業の省力化・自動化の実現に向け2018年にSMARTPILOTシリーズ※1の第一弾としてロボットトラクターを発売しました。GNSSなどの位置情報を元に作業区域・ルートを登録し、タブレットによる操作指示のみで設定ルートを自動走行し作業を行います。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG