【ビルメンDX管理編・第一弾】ビルメン業界が担うスマートビルディングが行き着くその先について

【ビルメンDX管理編・第一弾】ビルメン業界が担うスマートビルディングが行き着くその先について

「月刊 ビルクリーニング」さんの2021年6月号に特集記事『DX時代の到来でビルメン企業はどう変わる?』に載せていただきましたが、その件で幾つか質問をいただきました。

反応があるというのは、ありがたいかぎりですが、スマートビルメンテナンスの近未来についての考察と趣旨をきちんとくみ取っていただきたくて、少し補足させていただこうと思いました。

今週、何回か補足としてアップさせていただきますので、特集記事の補講として、お使いください。

この特集にも当然に狙いと趣旨があるのですが、今日は「狙い」について書きます。

『ビルメン業界が担うスマートビルディングが行き着くその先』

1.ビル管理全般のIT化について整理

2.IT技術を活用することで省力化につながることを意識

3.ビルメンにとってのDXとは

まず、DXですが、これは企業がテクノロジー(IT)を利用して、事業の業績や対象範囲を根底から変化させるという意味合いで用いられます。

次に、スマートビルディングですが、その特徴として、「一元管理」、建物内のあらゆる情報を集めて分析し、それをビルメンテナンスやビル管理にスマートに活かしていくビルということになります。

この大前提を踏まえて、明日は、ビルメン業界の未来を管理面から考えるということで、スマートビルディングが行き着くその先に、スマートビルメンテナンス(ビルメンDX)の趣旨の補足をさせていただきます。

【参考サイト】特集 【シリーズ】業界の未来を考える〜管理編〜 スマートビルメンテナンスへ!!

6月号の【特集】は、【シリーズ】業界の未来を考える~管理編~≪スマートビルメンテナンスへ!≫です。

「ウィズコロナ」の時代に突入し、私たちの生活はもちろん、ワークスタイルにも変化が生じています。職種によって完全なテレワークの実施は難しいものの、オンラインを活用することで、多様な働き方を実現し、その選択肢を増やすことができるということ。今回の特集では、ビルメンテナンス企業が取り組める業務のデジタル化について掘り下げ、「スマートビルメンテナンス」と題し、各社の取り組みに迫った。

その他、新連載『世界のビルクリーニング文献』と題し、米国IICRCが過去に発行していた技術情報誌「The Journal」に掲載された論文をリンレイメンテナンス総合研究所の今村一憲氏から紹介いただきます。「清掃は科学」その本質を読み解いていきます。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

コラムカテゴリの最新記事