【ビル管理】スマートビルに既存のビルメン企業は絡んでいけるのか?

スマートビルディングに向けて、各社がそのスタンダードを狙ってきているわけです。GAFAみたくな総合プラットフォームを目指して。

スマートビルディングソリューションのプラットフォームを握ってしまえれば、そのプラットフォームとの最適化に向けてのコンサルティングを通じて、ビル管理のすべてを握ることもできそうです。

多くのBAS(ビルオートメーションシステム)を開発できる企業がビル管理のプラットフォームソリューションを開発してくるのはそのためです。

既存ビルメンでもこのBASに相互開発で絡んでいけれる企業は協働作業できるかもですが、ほとんどの中小ビルメン企業はこういったプラットフォームの下請けとなっての生き残りになるはずです。

まだまだ、当分は新規ビル、それも先を見越した投資ができている一部のビルに限られている流れのようですが、これが既存のビルにも簡単に対応できるAIソリューションのスタンダードとなるプラットフォームが出てきた時が、ただの人出し派遣業化しているほとんどの中小零細ビルメン企業の年貢の納め時になりかねません。

情報収集、不断の準備は企業もいちビルメンマンも同じで生き残りに必要でしょう。

ビルメンポスト、ビルメンコンシュルジュでヒント掴んでください。生き残りの道はちゃんとあります。

【参考サイト】コロナ対策や生産性向上を実現するビル向けソリューション、ジョンソンコントロールズ

ジョンソンコントロールズは、新型コロナウイルス感染症や働き方と環境意識の変化により変わったビルシステムのニーズを踏まえて、BASなどの運用技術とインフォメーションテクノロジーを組み合わせられるプラットフォーム「Open Blue」を開発した。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ビルメンIT・AIカテゴリの最新記事