【ビルメン衛生】エレベータの非接触ボタン、照明非接触スイッチもここまでスマートに

ついにエレベータの操作全てを非接触で行なえる空中入力ソリューションがアルプスアルパインさんから出ました。

照明スイッチも非接触で操作できるそうで、両方ともスイッチ、ボタンまでの指との距離を4センチ、3センチ、2センチと変えていくことで細かい操作が可能だそうです。

スマホに慣れた若い世代は、わけなく対応していくでしょうが? ご年配の方は戸惑うかも? でも、従来どおりの接触操作でももちろん動作します。

高級感のある漆黒のデザイン。さらに何よりいいのが、毎回こういう製品において書いていますが、既存のビルに取り換え設置できることです。

今回は、30年前に設置されたエレベータを非接触化したそう。

コロナ禍が落ち着いても、今回のようなパンデミックは、いずれまた起こるでしょうから、ビル管理において、こういう非接触ソリューションは間違いなく今後のスタンダードとなるでしょう。

これもすぐに普及していきそう。

【参考サイト】エレベータも非接触。空中入力ソリューション「AirInput」

アルプスアルパインは、非接触でボタンを操作できる空中入力ソリューション「AirInput」を、リクルート新社屋のエレベータ操作盤と館内照明スイッチに試験導入した。導入はコスモスモアと共同で行なった。

エレベーターのスイッチやトイレの洗浄スイッチなど公共空間の入力装置は「だれが触ったか分からない」「操作部が汚れている」などの理由から、直接触れずに操作するニーズが高まっている。

AirInputは、独自の高感度静電容量センサーを応用し、触れずに操作できる空中入力ソリューション。館内照明操作スイッチに採用された「AirInput Panel」は、非接触で照明のON/OFFを切り替えることが可能。操作したいフロア区画のアイコンに指を約3cmまで近づけると選択中を示すサークルが現れ、サークルが1周すると照明のON/OFFを実行する。サークルが1周する前に指を離すと決定操作を中止することができ、誤操作を防ぐ。

スポンサーリンク
>【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

【無料】ビルメン経営・ビル管理運営のお悩み相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・ビルオーナーのビル管理・運営・空き家管理等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

CTR IMG