【ビルメンロボット】ついにドコモもロボット提供開始!

ドコモさんがロボットを開発したのではなくて、各社で開発、販売しているロボットをまとめて提供していくプラットフォームみたいな役割ですね。
まあドコモのお墨付きを得てサービスを提供していくわけですから、宣伝効果と信用は抜群です。
すでにビルメンポストでも紹介させていただきましたが、ビル管理においても、次々とAIロボットが出てきますが、こういう各社のロボットが各建物とどれが相性が良いか? 機能的に最良のマッチングを案内するサービスというのが出てくると思います。
ビルメンテナンスもいよいよロボットと人間の協働作業となってきますね。

【参考サイト】ドコモ、5G対応テレワークロボや警備ロボを提供開始

NTTドコモは、映像伝送、XR、ロボティクス、製造IoT分野における5Gに対応した7つのパートナーソリューションの提供を11月5日から開始した。一部は今後、低遅延、高セキュリティなどMEC(Multi-access Edge Computing)の特長を持つクラウドサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド」にも対応を検討する。

新たに提供されるのは以下の7つ。

・AMATELUS「SwipeVideo」
・ネットワンシステムズ「AI温度検知ソリューション」
・ABAL「ABALシステム」
・スマートスケープ「REFLEKT Remote」
・大成/Mira Robotics「ugo(ユーゴー)」(警備仕様版)
・スマートロボティクス「テレワークロボット」
・シナプスイノベーション「UMリモート監査」

7つのソリューションのうち、AMATELUSの「SwipeVideo」、スマートロボティクスの「テレワークロボット」、大成/Mira Roboticsの「ugo」(警備仕様版)の3つは、NTTドコモ、NTTドコモ・ベンチャーズが2020年9月15日に実施した、5Gのソリューション創出コンテスト「docomo 5G DX AWARDSTM 2020」において、最終選考会に選出されたパートナーによるもの。

2018年2月に開始した「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」のパートナー数は現在3,500社を超えたという。今後、2021年度末までにパートナー数を5,000社まで広げ、5Gサービスのさらなる拡大と、さまざまな分野における5Gソリューションの拡大をめざす。同日開催された展示会では、2社のロボットが出展された。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ビルメンロボットカテゴリの最新記事