【ビル管理】少風量でも室内のすみずみに新鮮外気を届ける

新菱冷熱工業株式会社と株式会社三菱地所設計は、東京都千代田区「新菱神城ビル※1」の建設にあたり、「変風量コアンダ空調システム(特許第6453951号)」を初導入しました。コアンダ空調とは、空気が天井を這うように流れるコアンダ効果を利用し、ダクトレスで空調空気を運ぶ空調方式です。今回、新菱神城ビルに変風量コアンダ空調システムを導入することにより、高い天井高を確保しつつ、室全体の換気効率を上げることを可能にし、より快適で省エネルギーなオフィス空間を実現しました。

【参考サイト】少風量でも室内のすみずみに新鮮外気を届ける

コアンダ効果って何? 思わずググりました。
興味のあるお方はご自身でググっていただき、要は少風量でも室内のすみずみに新鮮外気を届ける優れた換気効率をもった空調システムだそうです。省エネなんですね。
更にダクトレスなんで天井高も高くできるそう。
一見地味に見えますが、昨今のウイルス感染対策としての換気の重要性の高まりに応える空調システムなんですね。

■最新のビルメン情報・マンション/空き家管理情報は「ビルメンポストFacebookページ」でも毎日更新中!>>

ビルメン運営・ビルメン経営のお悩み無料相談受付中!

ビルメンコンシュルジュではビルメンテナンス企業の抱える経営・運営等の問題に関してオンラインで無料にてご相談を受け付けております。

ピックアップカテゴリの最新記事